logo

庖丁工房 タダフサ パン切り HK-1

毎日の暮らしにあわせた使いやすい「包丁工房タダフサ」のナチュラルでやさしいデザインの本格派の包丁です。

00003720_tada_pan

9,500円(税込10,260円)

購入数

庖丁工房 タダフサ 基本の3本
タダフサ 基本の3本
毎日の暮らしにあわせた
使いやすい「庖丁工房タダフサ」の
ナチュラルでやさしいデザインの
本格派の包丁です。

包丁のハンドルには
特許技術から生まれた
抗菌炭化木を使用、
刃の部分は
SLD鋼・ステンレスを使用し
さびにくく良く切れる
3層構造となっています。

また、研ぎ直しの
メンテナンスサービスも
行っておりますので安心です。

基本の3本。

万能170mmは
肉・魚・野菜の調理に使用出来る
「三徳」と呼ばれる
幅広い用途があり、
一番多く使われている包丁です。

万能125mmは
ぺティと呼ばれる小さい包丁で
ジャガイモや人参の面取り、
野菜の飾り切りなど
細かい作業に向いているサイズです。

パン切り包丁は
パンの切り口がなめらかに切れるので
パン屑がほとんど出ません。
先端の波刃できっかけをつくることで
パンをつぶさずに、すっと切れます。
今までにない
パンの切れ味を感じることが
出来る包丁です。



庖丁工房 タダフサ 基本の3本


庖丁工房 タダフサ 基本の3本


庖丁工房 タダフサ 基本の3本

 
SPEC


サイズ

パン切り: 長さ 365mm 刃渡り 230mm
万能170mm :長さ 300mm 刃渡り 170mm
万能125mm: 長さ 228mm 刃渡り 125mm

重さ パン切り: 125g
万能170mm: 135g
万能125mm: 50g
ブランド 庖丁工房 タダフサ


【 包丁のお手入れ 】

  • ご使用後はお湯で庖丁全体の汚れをよく洗い落とし、水気を十分に拭き取って安全な場所に収納してください。
  • 漬物・レモンなど塩分・酸性の強い食品を切った場合は特に汚れをよく洗い落としてください。
  • 食器洗い機・食器乾燥機・電子レンジ・オーブンなどの中に入れないでください。破損の原因になります。
  • 最初は切れる刃物も使うたびに少しずつ切れ味が悪くなります。3か月に1回は砥石で研いでください。

【 パンの切り方のコツ】

ハードパンの表面は、一般的な食材のなかでは最高度の硬さです。硬いパンを切る際は、先端の波刃部分を最大限に使い、表面全体に切れ目を入れてください。表面下の弾力のある中身は、直線部の刃を大きく使って引き切りしてください。最後の底部分も表面同様に極めて硬くなっています。さらに、まな板への加圧もあるため、普通に切るとかなりの負担がかかります。波刃を使い、最後は先端を立てて丁寧に切り分けてください。だだし、表面がかなり硬いハードパンになると正しくカットしても刃欠けする恐れがあるので、使い分けるようにしてください。

【 HK-1 パン切りについて 】

  • 硬いパンには、波刃の部分のみまたは別のパン切り庖丁をお使いください。
  • パン切りの直線部分は、三徳やペティなどと同じ素材・構造です。硬い食品のカットにはむいていません。無理なご使用はお止めください。
  • 豆やナッツなどの入ったパンのカットも、念のためお気をつけください。
  • 切り始めは波刃部分をしっかり使って、パンの表面をカットしてください。また、切り終わりとなる底部分も非常に硬くなっておりますので、パン切りの先端を立てるように使ってカットしてください。
  • 堅いまな板の使用は、庖丁の刃を傷める原因となります。定期的なメンテナンスが必要にはなりますが、できるかぎり木のまな板をご使用ください。
  • ご使用の際は、真っすぐ垂直に力を加え、刃を捻ったり、捏ねたりしないでください。
  • タダフサの包丁は、かなり薄く仕上げているため、過度な加圧や捻りに対しては刃欠けや曲げ・歪みを起こしてしまいます。叩き切るようなご使用はお控えください。

庖丁工房 タダフサ 基本の3本
  
庖丁工房 タダフサ 基本の3本